メタボリック症候群について|多治見市松坂町の内科、循環器内科、在宅医療を行うふくい内科クリニック

多治見市松坂町の内科・循環器内科・在宅医療

ふくい内科クリニック

ご予約・お問い合わせは0572-20-0660

ご予約・お問い合わせはこちら 0572-20-0660 在宅医療について

メタボリック症候群

ウエスト周囲径(おへその高さの腹囲)が男性85cm以上、女性90cm以上の場合、この条件に以下の3つの症状のうち2つ以上当てはまると、メタボリック症候群と診断されます。

  • 1.高血圧…血圧が上で130mmHg以上、下で85mmHg以上のいずれかまたは両方

  • 2.脂質代謝異常…中性脂肪150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満のいずれかまたは両方

  • 3.血糖値…空腹時血糖が110mg/dl以上

  • (日本肥満学会、日本糖尿病学会、日本動脈硬化学会など8学会が合同で公表した「メタボリック症候群の診断基準」より)

メタボリックシンドロームを発症する原因は生活習慣にあるといわれ、食生活の乱れやストレス、運動不足が主な原因です。また、過度の喫煙・飲酒、遺伝や加齢が原因となることもあります。

こんな症状はありませんか?

  • 血圧が高い
  • 血糖値が高い
  • お腹がぽっこりと出ている
  • 中性脂肪やコレステロールの値が高い

以上の症状がある場合、
メタボリック症候群」のおそれがあります。

POINT

メタボリック症候群の症状はただの肥満と似ているため、自覚せずに病気が進行することもあります。メタボリック症候群の治療法は、内臓脂肪を減らすことです。そのため、摂取エネルギーを減らす食事療法と運動療法がおこなわれています。ライフスタイルの乱れや食生活の乱れは自覚できるものなので、自分自身で現在の生活を見直し、予防や改善をおこなうことが大切です。