心不全について|多治見市松坂町の内科、循環器内科、在宅医療を行うふくい内科クリニック

多治見市松坂町の内科・循環器内科・在宅医療

ふくい内科クリニック

ご予約・お問い合わせは0572-20-0660

ご予約・お問い合わせはこちら 0572-20-0660 在宅医療について

心不全

心臓には、全身に酸素を含んだ血液を送り出すポンプのような重要な機能があります。この心臓の働きが低下することによって起こる体の状態を心不全といいます。心不全の種類は以下のとおりで、

  • ・左心不全と右心不全

    おもに左心系が原因で起こるものが「左心不全」、右心系が原因で起こるものが「右心不全」、
    両方悪くなるのを「両心不全」といいます。

  • ・収縮不全と拡張不全

    心室の収縮が低下した状態によって引き起こされるのを「収縮不全」、
    一方、収縮力が正常にも関わらず広がりが悪いために引き起こされるのを「拡張不全」といいます。

  • ・急性心不全と慢性心不全

    心不全が急に発症したものを「急性心不全」、徐々に発症したものを「慢性心不全」といいます。

心不全の原因として代表的なものには、以下のものがあります。

  • 1.弁膜症
  • 2.不整脈
  • 3.狭心症・心筋梗塞などの虚血性疾患
  • 4.心筋症(心筋自体の異常)
  • 5.高血圧
  • 6.先天性心疾患
  • 7.その他、甲状腺の異常、アルコール、膠原病(こうげんびょう)

こんな症状はありませんか?

  • 動悸・息切れがする
  • 下肢のむくみ
  • 咳や痰が止まらない
  • 呼吸困難
  • 疲労感・脱力感

以上の症状がある場合、
心不全」のおそれがあります。

POINT

初期の心不全は、ただの体調不良と捉えられ診断が難しいことがあります。特に高齢者の心不全は息切れなどがあっても加齢によるものだと思い、見過ごしがちです。
心不全と診断されたら、食事や運動制限など一般的な治療法や薬物治療について指示を受けます。いったん症状が治まっても、過労、ストレス、暴飲暴食、薬剤の中断、風邪などで症状が悪化することがよくあります。病状に応じて日常の生活に気をつけることが大切です。心臓の病気は直接死につながることもある怖い病気です。お心当たりのある方は当クリニックへお越しください。