狭心症・心筋梗塞について|多治見市松坂町の内科、循環器内科、在宅医療を行うふくい内科クリニック

多治見市松坂町の内科・循環器内科・在宅医療

ふくい内科クリニック

ご予約・お問い合わせは0572-20-0660

ご予約・お問い合わせはこちら 0572-20-0660 在宅医療について

狭心症・心筋梗塞

心筋梗塞と狭心症は、いずれも心臓の筋肉(心筋)に血液を送る冠動脈の病気です。

  • ●狭心症

    狭心症は、冠動脈が完全にふさがる前の状態です。冠動脈の中は狭くなっていますが、血流が完全に途絶えていないために、心筋の障害は血流が回復すれば元に戻ります。運動をしたときや、急に寒いところに移動したときなど、心臓に負担がかかった場合に、突然胸が痛くなる症状が一般的です。症状は、数分から十数分程度続きます。症状は、運動を中断するなどして心臓の負担を減らすと改善します。ただし狭心症は一歩進めば心筋梗塞になるため、必ず病院で診察を受けましょう。

  • ●心筋梗塞

    心筋梗塞は、冠動脈が完全にふさがり、心筋に血液が流れなくなった状態です。心筋が壊死し、重症の場合は死に至ることもあります。心筋梗塞は、ある日突然、胸を激しい圧迫感や痛みが襲う症状が一般的です。症状は30分以上、ときには数時間に及びます。

こんな症状はありませんか?

  • 胸に激痛がする
  • 呼吸が苦しい
  • 吐き気がする
  • 冷や汗・脂汗が出る
  • 胃が痛む
  • 胸に圧迫感がある

以上の症状がある場合、
狭心症・心筋梗塞」のおそれがあります。

POINT

狭心症や心筋梗塞の主な原因は動脈硬化です。動脈硬化は血管の老化であり、誰にでも起こります。 生活習慣を正して動脈硬化を進行させないことが予防につながります。狭心症や動脈硬化には胸の痛みや呼吸が苦しくなる、などの症状がありますが、糖尿病にかかっていると痛みを感じにくく、狭心症による胸の痛みにも気付かなかったり、軽く感じてしまうことがあります。病状が進行してから気づく場合もあるため注意が必要です。 タバコを吸う、糖尿病、高血圧、コレステロールが高い、身内に狭心症や心筋梗塞になった人がいる方は特に要注意です。