多治見市松坂町の内科・循環器内科・在宅医療

ふくい内科クリニック

ご予約・お問い合わせは0572-20-0660

ご予約・お問い合わせはこちら 0572-20-0660 在宅医療について

お知らせブログ

2011年7月15日 金曜日

<夏の体調管理>

1年の中でもたくさん汗をかくこの季節。
のどが渇いていなくても水分補給を忘れずしましょう。
大量に汗をかくと、血液中の水分が減るために血液は濃くなり流れも悪くなってきます。血液が濃くなりドロドロになれば、「脳梗塞」・「心筋梗塞」を引き起こす原因となります。実は、夏に脳梗塞・心筋梗塞を起こす人は多いのです。特に、就寝中はたくさん汗をかくため、寝起きは脱水症状に近い状態になっています。夜間はトイレが近くなるために水分の摂取を控える方がいますが、脳梗塞・心筋梗塞を回避するためにも、寝る前にコップ1杯の水をゆっくり飲むようにしましょう。

また、冷たいものを食べることが多くなったかと思います。
冷たいものばかり食べているとすぐ夏バテしてしまい、熱中症にもかかりやすくなります。
少量でもバランスの良い食生活を心掛けましょう。

だるい、疲れやすいといった症状があるときはビタミンB1不足を疑ってみましょう。

・絹とうふ  ・いり胡麻  ・枝豆  ・牛乳  ・豚もも肉   ・とうもろこし

などにはビタミンB1を多く含む食品なので、食卓にとりいれてみましょう。

熱中症の症状
・体温が高い     ・頭痛
・めまい、吐き気   ・意識障害   ・四肢の麻痺

こういった症状が出てしまったら、冷たい水分や塩分を摂取し、体温の冷却をできるだけ早く行ってください。自力でできない場合は、緊急で医療機関に搬送してください。