多治見市松坂町の内科・循環器内科・在宅医療

ふくい内科クリニック

ご予約・お問い合わせは0572-20-0660

ご予約・お問い合わせはこちら 0572-20-0660 在宅医療について

お知らせブログ

2013年10月9日 水曜日

<10月 秋の食中毒>

夏の間、食中毒警報により、食中毒に注意されていた方も多いと思いますが、秋の食中毒をご存知ですか?

食中毒というと、加熱調理すれば安心な気がしますが、毒キノコのように加熱しても害のあるものがあります。その一つが黄色ブドウ球菌による食中毒です。気温の低い冬季にでも発生するのが特徴です。

黄色ブドウ球菌は人体の皮膚表面、特に鼻腔に存在する常在細菌です。

調理する人の指や手に、傷や湿疹がある場合、食品を汚染する確率が高くなります。

黄色ブドウ球菌は加熱により死滅しますが、食品で増殖するときに毒素が生産されます。

この毒素は、熱や乾燥に強く、加熱しても食中毒の原因になります。

症状は、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢です。

潜伏期間は1~5時間と短く、1~2日で回復します。

嘔吐、下痢の症状がひどい場合、体が衰弱しないよう、経口補水液で水分を補ってください。

症状が激しい場合には、ショック症状に陥る場合もあるため、医療機関に受診することをお勧めします。

何よりも予防が大切です。

手指は常に清潔にし、十分手を洗う。

手指に傷のある人は、手袋をする。

調理後なるべく早く食べる。

すぐに食べない場合は、できるだけ低温で保存する。

などに、お気を付けください。